初期費用が少ないので使いやすい!!荷物の移動も楽!!

初期費用が通常の賃貸よりも少ない

新たに賃貸物件を利用とするとき、入居時に初期費用を用意しなければいけません。まず1か月分の賃料や共益費が必要になりますが、それ以外に敷金や礼金、仲介手数料などいろいろな費用が必要になります。新しく契約をし直すたびに初期費用が必要になるため、一度賃貸物件を利用したらしばらくは他に移転しにくくなります。その点初期費用の少ないマンスリーマンションであればいろいろな使い方ができます。契約は1か月から行えて1年以上の契約も可能です。毎月の賃料に関しては、同等の一般的な賃貸物件に比べると多少高めになるので注意しましょう。最初から利用は数か月以内と決めているのであれば、トータルコストはマンスリーマンションの方が抑えられるはずです。

生活のための家具家電が備え付けられている

一般的な賃貸物件を利用するとき、通常は部屋の中には何もありません。キッチンやバス、トイレ、収納など建物に備え付けられている設備はありますが、家具や家電などは置いてありません。今住んでいるところから持ってくるか新たに購入しなければいけません。引越しとなると引越し費用もそれなりにかかります。マンスリーマンションは基本的にはすぐに生活できるようになっています。よく使われる家具や家電が一通りそろっているので、着替えなどを持ってくれば特に引越しなどをしなくても生活ができます。間取りや家具家電が決まっているので、中にはそれらが合わない人もいるかもしれません。短期間過ごすために利用するとわりきれば、大きな問題はないでしょう。

マンスリーマンションは、出張や研修などで短期間住むことを前提としたマンションで、生活に必要な家電や家具が備え付けられているのが特徴です。