薬剤師が持つ無限大の可能性!自分の強みを活かしたおすすめ業界

直接患者を助けたい!

まず薬剤師の活躍の場として、大きく分けて医療人色の強い仕事と会社員色の強い仕事にわかれます。ここで言う医療人色が強いというのは、主に対患者さんを仕事にしている病院薬剤師、薬局薬剤師等です。これらの仕事は、サポート役が得意な人が向いています。チーム医療の必要性が謳われて久しいですが、特に医師をサポートするという意識が薬剤師には必須です。地味な役回りも多い仕事ですが、患者様に直接感謝される数少ない仕事です。

多くの患者を救う仕事

ここからは薬学的知識を活かしたサラリーマンとしての活躍の場を紹介します。まずは言わずと知れた製薬メーカー。結果が厳しく求められる世界ですが、多くの患者を救う薬の開発、普及に一役買う事が出来るため大きなやりがいを感じる事が出来ます。あと最近人気なのは医薬品開発業務受託機構(通称CRO)という医薬品の開発に特化したお仕事です。近年製薬メーカーは業務のスリム化を図って開発業務を外注する事が増えていますが、CROでは間違いなく薬学的知識が必須とされます。

英語を使って世界を飛び回りたい!

最後に紹介したいのは医療系商社です。薬剤師といえど、得意な英語を活かして世界を飛び回りたい、好奇心旺盛でヒトが好きな方が向いています。商社はどちらかと言えば、文系営業職といったイメージですが、業務によっては医薬品製造業とみなされるため、製造管理者に薬剤師が必要になります。医薬品の原料を求めて世界中を飛び回れば商社の醍醐味であるダイナミックさを味わう事が出来ます。

薬剤師のシニア求人は、調剤薬局や病院など様々な事業所で募集が行われることがあり、パートタイムや非常勤など体力に自信のない人でも自分のペースで働ける求人も多くあります。