工場の求人で「住み込み」ってどういうこと?そのメリットを調べてみた

「住み込み=工場に泊まり込み」ではないのでご安心を

工場の求人欄にある「住み込み」とは、工場の近くに社宅や寮などが用意されていることを意味します。作業にたくさんの人手が必要な工場は、できるだけ多くの人に集まってもらいたいと思っています。そこで工場と離れた場所に住む人でも応募してくれるように、生活する場所が整っていることをアピールしているのです。また、工場はどうしても都市部から離れた場所に建てざるを得ません。そのため、従業員の通勤にはそれなりの時間と交通費が掛かってしまいます。その負担を軽減する意味でも、工場では近くに工場や寮を用意するケースが多いです。

住み込みの求人に応募するメリット

新しい職場へ通うとなると、大抵の場合その都度住む場所も探す必要があります。アパートを探す時間はもちろん、引っ越し代や敷金・礼金をその都度払っていては出費もバカになりません。一方住み込みの工場であれば、働くことが決まったらほぼ同時に住む場所も決まります。敷金や礼金も必要ありません。なるべくお金を節約したい人や、工場で働く期間だけ住む場所が欲しい人などにはかなり嬉しいはずです。また、工場によっては部屋に家具や家電も完備されていることも。これなら引っ越しは必要最低限の荷物だけで済みます。働く人にとってもメリットが多いのが住み込みの求人です。

寮なら共同生活が基本。ルールを守って生活しよう

もし工場が用意した寮に入れば、全く知らない人と隣り合わせで生活することになります。お互いが気持ちよく生活するため、やはり決められたルールを守ることは大切です。共有部分の使い方や利用時間など、入寮したら始めに確認しておきましょう。寮での人間関係が仕事に影響してくる可能性もあります。

utエイムの公式サイトはこちら