外資系だから高給?イメージとは異なるかも!

給料アップしたいなら外資系?

同じ仕事をするなら、給料は高いほうがいいですよね。また、「好きなものが買える」「将来の夢のために貯金したい」などの理由で仕事を探すこともあるでしょう。そのような状況のときは、選択肢のひとつとして外資系への転職を検討することもありますよね。なぜなら、外資系の会社は「給料が高い」というイメージがあるからです。

しかし、外資系の会社だからといって、すべての仕事の給料が高いというわけではありません。仕事内容によっては、英語やその他の外国語を全く必要としなかったり、それほど特殊なスキルを求められなかったりする仕事もあります。さらに、仕事の経験年数がそれほどない場合も、たとえ外資系の会社に転職できたとしても、自分が希望していた通りの給料にはならない可能性があります。

もちろん高給が望める仕事も多い!

外資系の会社の給料は、人それぞれに経験してきた仕事やスキル、そのときの会社の求人状況によって異なるでしょう。一方で、「外資系の会社だからこそ高給が望める」仕事が存在するのも事実です。たとえば、IT関連や金融系をはじめとした、さまざまな業種では、その業界の知識が豊富である人、特定の分野で高いスキルを持つ人などは、ヘッドハンティングにより高給で外資系の会社に迎えられることもあります。

多くの部下を持ってマネージメントを経験した人や、日本語だけでなく、外国語においても交渉能力・プレゼン能力に長けている人なども同様にヘッドハンティングされる可能性が高いでしょう。「外資系の会社で高給を得たい」と考えるのであれば、ヘッドハンティングされるほどの実力をつけることがひとつのポイントといえますね。

経理を経験済みであれば、経理の転職は簡単です。具体的なスキルをアピールできるため、即採用してもらえます。