工場での仕事は眠気を感じたり、ミスを犯しやすい?

自分の判断で決められた工程を変えない

工場できちんと働くためにはどういった心構えで臨めばいいのでしょうか。工場といってもいろいろな職場が存在しますが、比較的多いのはライン作業を中心とした組み立て工場です。組み立て工場でライン作業をする場合、一つの作業をずっと繰り返していくという業務に慣れなければいけません。たとえば、「基盤にパーツを組み込んだ機械に蓋をかぶせる」という作業を割り当てられた場合、始業から終業まで、その作業を行う必要があります。

繰り返しの作業で心がけたいのは、まず指示を守ることです。繰り返しの作業に慣れてくると、指示された工程が面倒だと自分のやり方でやってしまい、その結果、大事な作業を忘れてしまうといったことが起こりえます。ライン作業でそういったミスがあると、ほかの作業員全員に迷惑をかけることにつながるので気をつけましょう。

休憩時間にしっかり休んで眠気を取る

作業自体が単純なので眠気を感じやすいというのも注意点です。当然、そのようなぼーっとした状態で作業をしていればミスを犯しやすくなります。眠気を防ぐために大事なことはしっかりと睡眠を取っておくのももちろんですが、休憩時間をうまく活用することです。お昼の休憩は一時間程度あるので、昼食を取ったあとに仮眠を取る、あるいはソファなどで体を横にして休みましょう。どうしても眠い場合は休憩ごとに工場内にある自動販売機で缶コーヒーを買い、カフェインを取って眠気を覚ますという手もあります。

また、工場内では音楽やラジオ番組が流されていることも多いので、集中力を切らさない程度にそういったものを聴きながら作業をするのもいいでしょう。

テクノスマイルの公式サイトはこちら