外資系企業に転職したい! どうやって求人を探す?

求人サイトや公式ホームページをチェックするのは基本

外資系企業への転職を考えているとき、どのような手段で求人情報を探したらよいのでしょうか。基本は国内企業への転職とあまり変わりません。転職者向けの求人サイトに登録したり、求人イベントの開催をチェックしたりするのは最低限の情報収集になります。勤務したい企業がある程度決まっているなら、その公式ホームページも必ずチェックしましょう。自社のホームページにのみ求人情報を出す事例は決してめずらしくありません。勤務を続けながら求人情報を収集するのは意外と大変なので、転職エージェントなどを利用して情報収集を代行してもらうのもよいでしょう。募集期間が限られる場合もあるので、転職を考え始めたら早々に履歴書や職務経歴書を準備するとすぐに応募できます。

口コミで求人情報が手に入ることもある

外資系企業で求められているのは、たいていの場合、即戦力となれる人物です。高い語学力はもちろん、業界や職種における豊富な経験やスキルがなければ入社は厳しいといえます。採用する側も適材適所の人材を雇用したいので、取引先など接点がある人に「こんなスキルを持った人を探している」と話す場合があります。取引先との雑談のなかでそんな話が出たときは、詳しく話を聞かせてもらいましょう。場合によっては、直接「うちで働かないか」と誘われることもあります。露骨に他社の社員に転職を持ちかける事例はあまり多くないので、まずは業界内で知人を増やすと人材募集の情報が集まり安くなるでしょう。状況によっては、求人サイトなどに出ない情報を教えてもらえることもあります。

人気の外資 IT企業の採用面接では、ハイレベルなコーディングテストを行うことも多いです。アルゴリズムや計算量について学習を重ねましょう。