ワークスタイルを考えよう!外資系に転職するときの選び方のコツ

外資系ではワークスタイルが多様

国内企業では就業時間や就業場所が厳しく決められていて、誰もが同じ時間から同じ時間まで、共通のオフィスで働かなければならない場合が多くなっています。しかし、外資系企業の場合にはワークスタイルの自由を重視しているケースが多く、従業員がプライベートの時間との兼ね合いを考えながら働けるようになっていることもよくあるのが現状です。転職するときには仕事の時間が悩みだった、働く場所がもっと近くないと厳しかったということもあるでしょう。外資系を目指すなら仕事の内容や給与なども重要ですが、自分に合っているワークスタイルを実現できる職場を選ぶことも大切です。どのようなワークスタイルが認められているのかを知っておきましょう。

代表的な例を知っておこう

外資系企業で取り入れられている制度として代表的なのがフレックスタイム制です。トータルの就業時間は決まっていますが、開始時刻と終了時刻を定められた範囲内で自由に選べるのが特徴となっています。コアタイムが設けられている場合にはその時間には働いていなければなりません。一方、リモートワークを認めている企業もあります。自宅でもコワーキングスペースなどでも働けるのが特徴で、オフィスに出てくる必要がありません。就業時間についても裁量に任せる仕組みになっている場合もあり、時間についても場所についても自由度が高い働き方です。このように様々な例があるのでよく比較して選ぶとより良い働き方を実現できるでしょう。

外資系求人が注目されるのも優秀な人材の確保に期待する企業の意思の表れです。国際競争力が問われる時代を物語っています。